スナオナシュキ

素直になりたい:30代男性(自営業)

みんな心の奥底ではバーロー待ちしてるんだろ?

名探偵コナン ゼロの執行人を見た。

コナンを求めて映画館に行った訳じゃないけど、ショッピングモールに映画館が入ってて、歩き疲れたし見ようか、という感じで嫁(風呂嫌い)と見ることにした。

 

僕らはドラえもんとコナンの新作は必ず映画館で見ている。どちらからと決めたわけではないが、そういう風になっている。

 

嫁(風呂嫌い)とは同じアニメ好きだが、ジャンルはほとんど合わない。お互いのおすすめアニメは高確率で無視する。別に嫌いなジャンルではないのだが。

 

だから、コナンにおいても、お互いに好きな場面だったりキャラクターは違うのだ。

 

 

【コナンのココが好き10選】

唐突に自分に振ってみた。思い浮かべた順に羅列してみる。

 

1、博士のクイズにやれやれ顔なのにしっかり参加する灰原哀

 

2,服部平次の言う「おい工藤!」これはマジで無限ループできる。家でふとした時に口ずさんでします。

 

3、物語の最期のやれやれ顔をするコナン。丸い円で囲まれてる(アイリスアウト)となお良い。ゾクゾクする。

 

4、バーロー。

 

5、鰻重と騒ぎまくる源太がほとんど鰻重を食べさせてもらってない件。

 

6、全体的にもう灰原哀

 

7、高木刑事が捜査状況とかなんでもコナンにゲロッちゃう感じ。

 

8、コナンと哀ちゃんがツーショットで日常を過ごしてる時、なんかすごいドキドキする。秘密の共有。

 

9、源太やっぱ鰻重食べてなくね?

 

10、主人公最強なんだけど、ちゃんとピンチになりつつも、やっぱり最強なコナンの圧倒的主人公という立ち位置。作品のタイトル名が主人公の場合はやはり圧倒的でないと。

 

このように、全く頭の中で用意してなかったけど、無理やりほじくって好きなとこ10個をあげられるくらいにはコナンが好きなのだ。

 

今回の映画も良かった。ド派手なアクションもあってちゃんと映画を見たという満足感もあった。

ストーリーはやたら警察、検察、公安という言葉が飛び交うので、小さい子には退屈だったと思う。

僕は逆転裁判とかメッチャ好きなので、ストーリーがスッと入ってきたけど。

 

平次の「おい工藤!」がなかったのはとても残念だ。なんの前振りもなく、ふいに電話かかってきて「おい工藤!お前生きとったんか」の一言ぐらい無理矢理ぶち込んでも僕は全然気にしないのに。


と、上映中も頭の中でぶつくさ文句をつぶやいていた。

さすがに映画館で声を出すわけにはいかない。

お決まりのやり取りにニヤついたりしながらも物語はシリアスな展開へ。

 

コナンが何かに気づいて駆け出した!

そこで出た、ふいの「バーロー」

 


「来たっ!」

 

 

映画館に僕の「来たっ!」という生声が響き渡ってしまった。詳しくは「キッタ!」という感じ。

 

なんたることか。子供達だって静かに見てるのに30歳を越えてのマナー違反。

 

でも、おかしいな。見る前は全然バーロー待ちしてなかったのに。

バーロー待ちして見てたら「来たっ!」と言ってもしょうがないで済むけと、バーロー待ちしてないのに声が出るなんてミステリーだよ。

まぁ、でも人間である以上、心のどこが無意識にバーロー待ちしてたとしかもおかしくはないか。

 

だから気をつけた方がいい。

これからコナン映画見る人は、自分が無意識にバーロー待ちしているという事を自覚したするべき。人間ならばそうするべき。

 

さもなくば恥をかく事になる。

 

ちなみに言った直後、ヒソヒソ声で

「やべ、バーロー待ちしてた」

と嫁(風呂嫌い)に言ったら

「よくわかんない」とだけ言われた。

 

さては、こいつ人間じゃねーなと疑いが残ったが、クライマックスではコナンもアムロも人間じゃないアクションを連発。

 

最後の福山のエンディングテーマもコナンらしさ満天だった。おかげでエンドロールの最後の最後までコナン節を堪能できた作品になっていた。

 

とにもかくにも、名探偵コナン ゼロの執行人、おすすめです。